旅行とペットとペットホテル

旅行の時、ペットの世話は?

以前、ペットを飼いたいという子どもに対する親の反対意見として、このようなものがありました。ペットを飼ったら旅行に行けないでしょう、と。確かに、日々の世話が必要な生き物を飼えば、当然その命に対しての責任がある以上、放置するわけにはいきません。この言葉の意味は、ペットを飼うということは、そのくらいの責任を持たなくては行けないということなので、正論ではあります。

ですが、旅行に行けなくなるというのは間違いです。少なくとも、現在はペットホテルがあります。旅行中のペットの世話は、ペットホテルへ任せれば、安心して旅行に行くことができるのです。

ペットホテルってどんな施設?

ペットホテルはペットの基本的な世話を、飼い主の代わりにしてくれる施設です。価格や施設の設備や、スタッフの専門分野なども様々で、まさにピンからキリまでです。

ただし、ペットの種類によっては対応できないという場合もあります。やはり犬のようなペットとして広く飼われている動物であれば、たいていのペットホテルで預かってもらえますが、特殊なペットの場合、引き受けてくれるペットホテルは限られてきます。事前に、自分のペットがどこでなら預かってもらえるのか、調べておく必要があります。

また、やはり旅行者が多くなる時期は、ペットホテルの利用者も増えるので、こちらも注意が必要でしょう、

旅行代理店の主な仕事について

第一にツアープランニングが主業務となる

旅行代理店の主な業務の一つに、ツアープランニングが挙げられます。これは、顧客のニーズをいち早く察知して、人気が出そうな旅行プランを世の中に提案するという仕事です。誰がどういった国に、どういった目的で行きたがっているのかを的確に把握して、最適なプランニングをしなくてはならないので、とても専門性の高い難しい仕事になります。ただ、こうした仕事があるからこそ、日本に住んでいるさまざまな人たちが、手軽に海外にも行くことができるようになっているわけです。難しいですがやりがいも強く、もちろん収入も比較的安定しています。

実際にツアーに参加するコンダクターも育成する

旅行代理店では、単純にプランニングをしてお客さんを手に入れればそれで終わりというわけではありません。きちんと最後まで責任を持って素晴らしい旅行となるようにサポートし続けなくてはいけないのです。万が一現地でお客さまに怪我でもさせては大変ですし、それ以外にも、予期せぬトラブルに見舞われることは多々あります。そうしたときにでも、お客様に迷惑がかからないように、プロのツアーコンダクターを育成するのも重要な業務の一つです。ツアーコンダクターをするためには、語学力はもちろん、トラブルに臨機応変に対応ができる才覚までもが必要になります。

タイ旅行に行って夜のお店を楽しもう

タイ旅行で楽しむバンコク夜の街

海外に行って夜を楽しみたいならタイがオススメです。タイのバンコクは性に対してかなり寛容な国で夜のお店がたくさんあります。裸で女性が踊っているようなゴーゴーバーから、ガラスケースで座っている女性の中から指名して女性を連れ出して一緒に飲んだり、一緒にホテルに行って長い夜を楽しんだりするサービスもあります。ゴーゴーバーは入店してワンドリンクを頼み、好みの女性がいれば直接女性と交渉して連れ出す事が可能で、ドリンクを飲んでストリップショーなどを楽しむだけ楽しんで帰る事もできるので初心者に最適です。スナックや風俗もあり、値段も1万円ぐらいとかなりリーズナブルな価格で楽しむ事ができます。

バンコクで夜の街を歩く

タイへの海外旅行で夜の店に行ったのですが、海外の風俗は日本の風俗と違って直接女性を見て選ぶ事ができるという利点があります。そのため好みの女性と夜を楽しめる可能性は高なっています。値段もリーズナブルで1万円で数時間楽しむ事ができます。タイの女性は美人が多いので安い価格でも美人を選ぶ事ができます。女性には番号がついていて番号を指定して選んで価格を聞いて楽しむ事が可能です。ただ、飲んだりするだけの店などもあり、日本でいうスナックやバーもあるので夜が明けるまで、長い間遊びつくす事が可能です。これらの事から女性好きや夜遊び好きにタイ旅行は最適です。

岩手県花巻市で宮沢賢治の足跡を訪ねて

宮沢賢治に関する施設

生前に発表された作品は少なかったのですが、宮沢賢治の詩や童話は今も尚たくさんの人たちから読み継がれています。そのために、宮沢賢治を生み出した岩手県花巻市に関心を持つ人たちが数多く訪れています。

とりわけ人気が高いのは宮沢賢治記念館です。音楽を愛した宮沢賢治のチェロが展示されていますし、大学の農学部で学んだ知識を活かして設計した花壇が造られてます。新幹線が停まる新花巻駅からタクシーで3分の近距離です。

また、花巻市内には、若い人たちが集う場所となっていた羅須地人協会が保存されており、誰もが宮沢賢治の面影を訪ねることができます。

宮沢賢治が愛した自然

宮沢賢治は大学で農学を勉強したほどですから、岩手県花巻市の自然を慈しむ想いがひときわ強かったようです。とりわけ有名なのはイギリス海岸です。正しくは北上川の西岸であり、イギリス海岸とは宮沢賢治の造語です。岩が剥き出しになった岸辺を見て、はるか遠くイギリスにある白亜の海岸を連想したことから名付けました。宮沢賢治は海外旅行を一度もしたことがありませんでしたが、書物や写真から知識を得て、想像の世界に浸ることがしばしばありました。

また、宮沢賢治が何度も作品に残した早池峰山は国定公園に指定されました。豊かな自然が残されており、宮沢賢治の足跡を訪ねるのにふさわしい観光地です。

愛犬と一緒に泊まれる旅館へ

愛犬と初めての旅行へ

私たち夫婦には子どもがいません。生活的にも安定してきたので、最近子ども代わりにと大型犬を飼い始めました。見た目は大きいですがとにかく優しく人懐っこい子で、毎日のお散歩ですら特別な時間に感じるほどです。私たち夫婦は交際中から旅行が好きでよく行っていたので、今回は愛犬も一緒に連れていくことにしました。

初めてなので色々調べたのですが、犬を連れて旅行に行く方は結構多いそうです。旅行記などをまとめているブログなどもありましたので、そちらを参考にして色々と準備をさせていただきました。こういうときネットは便利ですよね。

趣のある旅館なのにペットOK

今回私たちが宿泊したのは、古い歴史を持つ趣のある旅館です。駄目だろうと思っていたのですが、実はこちらの旅館ペットOKなんですよね。大型犬なので迷惑になるかと思ったのですが、問い合わせの際に快く受け入れていただきました。ペット用の食事まで出して頂いて本当に至れり尽くせりといった感じです。

初めて長距離を移動することになりますので犬の体調が特に不安だったのですが、いつもと変わらず元気でした。大きな姿で目立ちますので色々なところで声をかけられたのですが、いつもご機嫌にしてくれていたので私たちも助かりましたね。

昔行った場所の今は?

人間の一生は短すぎる

過去に一度行った場所にはもう旅行に行かない、なんてことはありませんか。

確かに人生はすべての土地を巡るためには短すぎます。日本国内に限ったとしても、すべての都道府県に行ったことがある、という人は意外と少ないでしょうし、その都道府県をさらに細かく市町村に分ければ、もっと少ないでしょう。一度の旅行でいけるのは、期間にもよりますが、二つの都道府県くらいが、じっくり観光するには限界でしょう。それも、その都道府県の北海道など、広い場所なら、そのすべてを見るのはそれなりの期間滞在しないと不可能です。

これでは確かに、同じところに何度も旅行していては、多くの土地へ旅行できなくなってしまいます。

時間の流れと変わる街

ですが、どんな土地も、時間とともに変化しています。特に、日本には四季がありますから、一つの土地のすべてを知るためには、四つの違う季節を知らなければいけません。さらに、お祭りなどの行事は短ければ一日だけしか見られないものもあります。昨日と今日は別のものですし、今日と明日も別のものです。昔旅した思い出の場所も、今行けば少し違う景色を見られるかもしれません。変わらないものもありますが、変わるものも確実にあるのです。

一度行った場所も、二度目、三度目には新たな発見があります。時の流れと変化を楽しむという旅の仕方も、あるのではないでしょうか。

旅行初心者を悩ませる二つの要素

時差ボケは慣れないうちはかなり辛い

時差ボケというのは、急に地球の裏側に行った時などに、体が時差についてこない状況を指します。日付が混乱して、体内時計がおかしくなって、昼間なのにとても強い眠気が襲ってきたりします。それどころか、全身に倦怠感を感じたりして、元気に観光をすることも難しくなります。こうした症状が出てしまうと、せっかくの旅行が楽しくなくなってしまうものです。ただ、あまり効果的な対策方法はありませんから、できれば初心者のうちは時差の少ない地域から攻めていくのが妥当だとされています。アジア各国程度の範囲なら、ほとんど時差はないので便利です。

エコノミークラス症候群に注意を!

旅行初心者は、あまり高い飛行機チケットを予約することは少ないでしょう。多くの人が、エコノミークラスでの移動をすることになります。ファーストクラスやビジネスクラスと比べて、エコノミークラスは座席が窮屈なことがあります。しかも遠くの国へ行くのであれば、そうした窮屈な座席に長時間座っていなくてはなりません。こうしたことから、全身の血行が悪くなって、気分がよくなくなるときがあるのです。これが、いわゆるエコノミークラス症候群と呼ばれる症状であって、最悪の場合には嘔吐をすることもあるので注意が必要でしょう。対策としては、体を締め付けるタイトな服装ではなく、できるだけゆったりとした楽な格好をするなどが挙げられています。

こんなにある!旅行に関する資格のいろいろ

あまり知られていない旅行に関する国家資格

国家資格といえば、弁護士資格などが有名ですが、実は旅行業界にも業務に重要な役割を果たす国家資格が存在しているのです。弁護士資格のように一般的に有名ではありませんが、業界内では知らない人がいないぐらいのものです。この資格を持っているだけで、就職時には有利になるので、学生のうちから目指す人も多いです。

総合旅行業務取扱管理者という資格は、国内と海外の両方をターゲットにしています。国内旅行業務取扱管理者に比べてレベルが高いので、合格率もその分低くなります。旅行業界で仕事をしていきたいなら、この資格を目指してみるのがいいでしょう。

民間資格は数え切れないほど豊富にある

国家資格は上記二種類だけですが、民間資格になると、一気にその数が増えます。基本的に民間資格は年々増加する傾向にありますから、その数を数えるのはあまり有益なことではありません。とにかく数が多いですから、自分に必要で、社会的にも価値があるとされているもののみに絞って取得を目指していくといいでしょう。

ツアーコンダクターの資格は、民間資格のなかでは有名なほうで、これを持っているといろいろと有利になることが多いです。さらに、世界遺産検定などの資格も、一般の人には知られています。タイ検定やベトナム検定など、特定の国や地域に特化した資格もあって、選び放題です。

旅行先として奄美大島はいかがでしょうか?

最初は商店街がお薦めです。

旅行先に奄美大島もいかがでしょうか?奄美大島は沖縄に近い場所に位置する鹿児島県の島です。きれいな海と珊瑚礁のある亜熱帯気候は、あなたをまるで日本じゃない、かと言ってハワイとも思えない独特の場所にいるようなキブンにさせてくれるはずです。

奄美大島でまず行って欲しい所は奄美市にる商店街周辺です。正直閉店が目立ち寂しい印象を受けるかもしれませんがただっぴろいわけではないので歩きやすく、奄美独特の商品が沢山売られているしシマ唄を発売しているお店もあるのでコンパクトに奄美が凝縮されている印象を受けるはずです。

バス停でなくても止めて乗せてくれます。

そうそう、バスを利用すれば都会にはないと思う暖かさにびっくりされるかもしれません。バス停がなくてもそこに人が手を上げていたら止まって乗せてくれますし、常連の利用者なら運転手が覚えて「あそこに行くんでしょ?」と聞いてきてその利用者がボタンを押さなくても、目的地に止めて降ろしてくれます。(でもちゃんとバス停で待ちましょうね)私はここの地元の人間ですが確かに都会には憧れてますがそういうの考えられないと前に都会の方に言われたので、都会に住むようになったらそう言うのがないんだなーと思うと寂しくなります。

以上、旅行先の候補として上げた主に人情面でフォーカスした私の奄美大島の紹介いかがでしたか?