旅行代理店の主な仕事について

第一にツアープランニングが主業務となる

旅行代理店の主な業務の一つに、ツアープランニングが挙げられます。これは、顧客のニーズをいち早く察知して、人気が出そうな旅行プランを世の中に提案するという仕事です。誰がどういった国に、どういった目的で行きたがっているのかを的確に把握して、最適なプランニングをしなくてはならないので、とても専門性の高い難しい仕事になります。ただ、こうした仕事があるからこそ、日本に住んでいるさまざまな人たちが、手軽に海外にも行くことができるようになっているわけです。難しいですがやりがいも強く、もちろん収入も比較的安定しています。

実際にツアーに参加するコンダクターも育成する

旅行代理店では、単純にプランニングをしてお客さんを手に入れればそれで終わりというわけではありません。きちんと最後まで責任を持って素晴らしい旅行となるようにサポートし続けなくてはいけないのです。万が一現地でお客さまに怪我でもさせては大変ですし、それ以外にも、予期せぬトラブルに見舞われることは多々あります。そうしたときにでも、お客様に迷惑がかからないように、プロのツアーコンダクターを育成するのも重要な業務の一つです。ツアーコンダクターをするためには、語学力はもちろん、トラブルに臨機応変に対応ができる才覚までもが必要になります。