海外旅行はぜひ学生時代にしておこう

学生時代には旅行にいく時間が取りやすいので

社会人になってからは、なかなかまとまった休みを取ることは難しいです。とくに社会人になって三年未満ですと、仕事を覚えるだけでも精一杯になってしまって、他のことをしている余裕はなくなります。ですから、できれば旅行は学生のうちにたくさんしておくのが望ましいのです。

学生時代ですと、単位を早めに取得しておくことで、一年ほどは暇な時間を作り出すことも可能です。アルバイトをして旅費を稼ぐこともできるのが大学時代ですから、こうしたうちに人生経験として海外旅行には行っておいた方がいいです。英語圏はもちろん、珍しい国に行くことも、社会に出てから必ず役に立ちます。

ワーキングホリデービザも若いうちにしか使えない

学生時代に海外旅行をすることのメリットの一つに、ワーキングホリデービザが利用できるという点も挙げられています。ワーキングホリデービザというのは、旅行ビザで現地に滞在している間にも、アルバイトなどをしてお金を稼ぐことができるシステムのことを言います。日本とその国の間で協定が結ばれていなくては行けませんが、10を超える国で協定が結ばれているので比較的選択はしやすいです。これなら、アルバイトをする時間もカットして、ダイレクトに海外旅行へと行くことができ、お金は現地で語学の勉強をしながら稼ぐことができるわけです。