動物好きにはたまらない!猫がいっぱいいるペンション

ペットと一緒に泊まれるペンションです

先日泊まってきたのはペットと一緒に泊まれるというペンションです。といっても私たち夫婦はペットを飼っていません。目的としていたのはそのペンションで飼っている多数の猫ちゃん達です。ご夫婦で経営しているペンションなのですが、お二人とも猫が大好き。保健所からもらってくることもあるそうです。そんな猫ちゃん達を見に行ってきました。

ペンションは一見普通のものに見えますが、近づいてみると猫が見えます。みんな人に慣れているのでいきなりすりついてくる子もいるほど。都会ではなかなかこんなに人懐っこい猫を見かけるのは珍しいですね。

猫と過ごす時間が本当に幸せ

私たち夫婦は家でペットを飼うことができませんので、年に二回ほどこちらのペンションにお邪魔しています。最初のうちはただ眺めたり触っていただけなのですが、オーナーのご夫婦が信頼してくださっているので、今では猫と一緒に眠ることもできるようになったんですよ。

こちらのペンションではかなり大きめの金庫がありますので、そこに荷物を収納します。ドアを開けたままにしておくと猫達が部屋に入ってきてくれるからですね。お昼寝中に気づいたら猫が横にいて一緒に寝ていたなんてこともあります。こうやって猫と過ごす時間は本当に幸せですよ。

岩手県花巻市で宮沢賢治の足跡を訪ねて

宮沢賢治に関する施設

生前に発表された作品は少なかったのですが、宮沢賢治の詩や童話は今も尚たくさんの人たちから読み継がれています。そのために、宮沢賢治を生み出した岩手県花巻市に関心を持つ人たちが数多く訪れています。

とりわけ人気が高いのは宮沢賢治記念館です。音楽を愛した宮沢賢治のチェロが展示されていますし、大学の農学部で学んだ知識を活かして設計した花壇が造られてます。新幹線が停まる新花巻駅からタクシーで3分の近距離です。

また、花巻市内には、若い人たちが集う場所となっていた羅須地人協会が保存されており、誰もが宮沢賢治の面影を訪ねることができます。

宮沢賢治が愛した自然

宮沢賢治は大学で農学を勉強したほどですから、岩手県花巻市の自然を慈しむ想いがひときわ強かったようです。とりわけ有名なのはイギリス海岸です。正しくは北上川の西岸であり、イギリス海岸とは宮沢賢治の造語です。岩が剥き出しになった岸辺を見て、はるか遠くイギリスにある白亜の海岸を連想したことから名付けました。宮沢賢治は海外旅行を一度もしたことがありませんでしたが、書物や写真から知識を得て、想像の世界に浸ることがしばしばありました。

また、宮沢賢治が何度も作品に残した早池峰山は国定公園に指定されました。豊かな自然が残されており、宮沢賢治の足跡を訪ねるのにふさわしい観光地です。

旅行の楽しみ方いろいろ

その土地の食べ物やお酒

旅行には色々な目的がありますが、最低限外せないものといえば食べ物やお酒などです。旅行先の名物料理をその土地で食べることは最高の贅沢だと思います。美味しかったので感動して自宅に戻ってからその名物料理やお酒などをお取り寄せしてみても、何か違うと感じたことはありませんか。恐らくなのですが、名物料理やお酒などはその土地で育まれた材料で作られていることはもちろんですが、食べたり飲んだりするときもその土地で楽しむことが一番風土、気候にあっているので美味しいと感じるのではないかと推測できます。特に新鮮さが売りの海産物などはその傾向が強いように思います。

その土地の文化に触れる

せっかく知らない土地を旅行するのですから、さらに一歩踏み込んでみると面白い発見や体験をすることができます。文化というと大げさに聞こえるかもしれませんが、例えばお祭りなども一つの文化です。見ているだけでも楽しいですが、地元の人に色々聞いてみるとさらに理解が深まりますし、地元の人とのコミュニケーションは良い旅の思い出になるでしょう。その他にも古くから港町で栄えていたところを旅行するときには博物館などを訪ねてみる、古くから住んでいる独自の文化を持つ民族がいるような土地では工芸品を見たり、その歴史を知ることでその土地に対する理解が深まりますし、記憶に残る旅になるでしょう。

ペットホテルの利用で安心して旅行を楽しむ

ペットをどこへ預けよう?

旅行をするとき、困るのが旅行中のペットの世話です。預かってくれる知り合いがいないという場合もあるでしょうし、預かってもらえる相手がいるにしても、長期間旅行に行く場合はさすがに迷惑になってしまう、といった事情で、知人に預けるという選択肢がない場合もあるでしょう。

そんなときに、便利なのがペットホテルです。旅行などで飼い主が世話をできないとき、ペットを預かり、基本的な世話をしてくれる施設です。ここに預かってもらえるなら、ペットの食事などを心配する必要もなく、安心して旅行に行くことができる、というわけです。

ペットホテルを利用する際の主な注意事項

ただし、利用の際にはいくつか注意しなければいけないことがあります。まずは、ペットホテルの利用料金や施設の設備などには、ペットホテルごとに差がある、ということです。その違いは大きく、だからこそ、自分の要求する条件と合致するペットホテルを見つけるには、時間がかかる可能性があります。

次に、首尾良くペットホテルを見つけたとして、そこで自分のペットが預かってもらえるかどうかという問題が出てきます。ペットの種類によっては、預かってもらえないこともあるのです。犬がもっとも対応してくれるペットホテルの数が多く、次いで猫となります。珍しいペットほど、預かってもらえない可能性が出てくるので、事前に確認しておきましょう。

タイ旅行に行って夜のお店を楽しもう

タイ旅行で楽しむバンコク夜の街

海外に行って夜を楽しみたいならタイがオススメです。タイのバンコクは性に対してかなり寛容な国で夜のお店がたくさんあります。裸で女性が踊っているようなゴーゴーバーから、ガラスケースで座っている女性の中から指名して女性を連れ出して一緒に飲んだり、一緒にホテルに行って長い夜を楽しんだりするサービスもあります。ゴーゴーバーは入店してワンドリンクを頼み、好みの女性がいれば直接女性と交渉して連れ出す事が可能で、ドリンクを飲んでストリップショーなどを楽しむだけ楽しんで帰る事もできるので初心者に最適です。スナックや風俗もあり、値段も1万円ぐらいとかなりリーズナブルな価格で楽しむ事ができます。

バンコクで夜の街を歩く

タイへの海外旅行で夜の店に行ったのですが、海外の風俗は日本の風俗と違って直接女性を見て選ぶ事ができるという利点があります。そのため好みの女性と夜を楽しめる可能性は高なっています。値段もリーズナブルで1万円で数時間楽しむ事ができます。タイの女性は美人が多いので安い価格でも美人を選ぶ事ができます。女性には番号がついていて番号を指定して選んで価格を聞いて楽しむ事が可能です。ただ、飲んだりするだけの店などもあり、日本でいうスナックやバーもあるので夜が明けるまで、長い間遊びつくす事が可能です。これらの事から女性好きや夜遊び好きにタイ旅行は最適です。

憧れの観光地ロンドンを訪ねて

古き良き時代の面影が残る街

ロンドンを訪れた観光客の誰もが感動するのはビッグベンです。聳え立つ時計台はロンドンの象徴であり、はるか昔、産業革命の時代を思い起こさせる建築様式です。その威容には誰もが圧倒され、馬車が走る音が聞こえたような錯覚がしたほどです。また、ビッグベンの前を流れるテムズ川は幅が広く、雄大な眺めを堪能することができました。

また、市内のあちこちには百年を超える建物が残されており、ロンドンの長い歴史を感じさせます。今も尚、古いアパートメントに好んで暮らす市民は、ロンドンの伝統に誇りを抱いているように感じられました。

文化的な施設が充実している街

ロンドンには、さまざまな文化的な施設が建てられています。とりわけ有名なのは大英博物館ですが、エジプト関係の遺物をはじめとして、数多くの展示物が陳列されており、一日で見て歩くことはできないほどでした。

また、ロンドンはミステリー小説で名高いシャーロック・ホームズに縁がある街です。そのために、ベイカー・ストリートにあるシャーロック・ホームズ博物館には、たくさんのファンが世界中から訪れていました。

ロンドンでいろいろな肌や目の色をした観光客と擦れ違うたびに、この街がいかに愛されているのかが伝わってきました。

他の地域では味わえない感動が屋久島旅行にはある!

樹齢数千年にも及ぶ屋久杉で有名な場所

屋久島というのは、日本有数の観光名所で、知らない人は少ない場所です。世界的にも有名になっていて、毎年多数の観光客が押し寄せます。屋久島の魅力は、何と言っても樹齢数千年にも及ぶ屋久杉が大量に林立している森にあると言っても過言ではありません。この森に一度足を踏み入れると、太古の昔から連綿と続く森の息吹を感じることができます。とても神秘的な体験ができるので、この島は世界中の旅行愛好者をもとりこにしています。通常、杉の木は樹齢数千年になることはありません。屋久島の独特の気候風土だからこそ起こり得る奇跡がそこにあるのです。

スキューバダイビングなどのアクティビティも豊富

しかし屋久島は何も森だけが観光スポットではないのです。島全体が観光地化していて、至る所に見どころはあります。若い人なら、アクティビティをすることもできるでしょう。南に位置する島ですから、沖縄などと同じようにスキューバダイビングをすることもできます。比較的温暖な海に浮かんでいる島ですから、快適なダイビングができるのも最高です。食べ物も美味しいですし、住人も優しくいい人たちばかりなので、この島にはまた来たいというリピーターが多く見受けられます。有名なアニメ映画の監督さんも、この屋久島の魅力に取り憑かれた一人なのは有名な話です。

旅行代理店の主な仕事について

第一にツアープランニングが主業務となる

旅行代理店の主な業務の一つに、ツアープランニングが挙げられます。これは、顧客のニーズをいち早く察知して、人気が出そうな旅行プランを世の中に提案するという仕事です。誰がどういった国に、どういった目的で行きたがっているのかを的確に把握して、最適なプランニングをしなくてはならないので、とても専門性の高い難しい仕事になります。ただ、こうした仕事があるからこそ、日本に住んでいるさまざまな人たちが、手軽に海外にも行くことができるようになっているわけです。難しいですがやりがいも強く、もちろん収入も比較的安定しています。

実際にツアーに参加するコンダクターも育成する

旅行代理店では、単純にプランニングをしてお客さんを手に入れればそれで終わりというわけではありません。きちんと最後まで責任を持って素晴らしい旅行となるようにサポートし続けなくてはいけないのです。万が一現地でお客さまに怪我でもさせては大変ですし、それ以外にも、予期せぬトラブルに見舞われることは多々あります。そうしたときにでも、お客様に迷惑がかからないように、プロのツアーコンダクターを育成するのも重要な業務の一つです。ツアーコンダクターをするためには、語学力はもちろん、トラブルに臨機応変に対応ができる才覚までもが必要になります。

どこでも眠れる人は旅行の移動時間を有効に活用!

旅行で長距離移動するときは

毎日仕事で忙しくて、なかなか休みがとれない。でも海外旅行はしたい。忙しい人は旅行の予定をたてるのも一苦労ではないでしょうか。どこでもしっかり眠れる自信のある人は、移動時間を有効に活用しましょう。特に海外旅行など長距離の移動が必要なときには、夜間に出発、現地の朝に到着するようなスケジュールを組むと良いでしょう。

もちろん、国内旅行でもいつもの睡眠時間と同じくらいの移動時間を必要とする場所があります。そのようなときも同じようにスケジュールを組むことをお勧めします。移動中しっかり眠ることができれば次の日の朝からすぐに行動できますので、時間を有効に活用できます。

交通手段はたくさんあります

海外旅行なら殆どの場合は飛行機を利用すると思います。日本からですと最低7、8時間のフライト時間を要する国は沢山ありますので、夜出発で予約しましょう。国内旅行なら交通手段は実に様々です。客船を利用すれば船の中で眠って目的地に行くことができますし、夜行列車も沢山ありますので、しっかり眠ることができますよ。もし、リーズナブルな料金を追求するなら敢えて夜行バスを選択する方法もあります。最近の夜行バスはプライバシーが守られていたり、座席シートが長時間乗っていても快適になるように工夫されていますので、お勧めです。